コーポレート

【いい仕事リレー第六弾】新たな環境でも前向きにトライし続ける新卒入社2年目|大先輩からバトンパス!

【いい仕事リレー第六弾】新たな環境でも前向きにトライし続ける新卒入社2年目|大先輩からバトンパス!

キャムコムグループのパーパスは“人を力づけて、いい仕事を創る”

もちろん、お客さまに対して“いい仕事”ができるように頑張っていますが、“いい仕事”とはそれだけではありません。

社内でのちょっとした声掛けや飲み会の誘い、仕事の手伝い、良い情報の提供など、社内の仲間同士でも“いい仕事”は発生しています。

「本当はめちゃくちゃ感謝しているけど、それを改めて言うのはちょっと照れくさい……。」

そんな照れ屋さんのためにも、してもらった“いい仕事”を相手がいる前で称賛する企画「いい仕事リレー」。

“いい仕事”を伝えて、紹介された人は次の人へ回していく、ペイフォワード的ほっこり幸せな企画のスタートです。

(いつかは自分も選ばれたい……)

プロフィール

バトンを送る人:服部 倫也さん

入社年: 2004年

所属部署と役職: ㈱綜合キャリアオプション 岩手店 エリアマネージャー

経歴:

製造派遣事業部 郡山店 配属

会津店 責任者

福島店 責任者

営業推進部 刈谷店(大手自動車メーカーGr専任担当)

製造事業推進部 岩手店 責任者

バトンをもらう人:清水 奏明さん

入社年: 2023年

所属部署と役職: SC岩手店 スタッフィングコンサルタント

経歴:製造派遣事業部 岩手店 配属

良い関係性はお出迎えとミーティングから!

編集部:今回は「いい仕事リレー」第六弾、本日は服部さん、清水さんにお話を伺っていきます。よろしくお願いいたします。

お二人は今同じ店舗で勤務されてるんですよね?

服部:はい。同じSC岩手店です。なので、私は清水さんのお世話係としてトラブルの後片付けとかやってます 。(笑)

清水:ありがとうございます。(笑)

編集部:なるほど。(笑)

でもそういった服部さんのサポートがあるからこそ、清水さんも大切なお客様の担当ができるんですね。

清水:そうですね。服部さんをはじめとする先輩方がフォローしてくれるからこそ、思い切り動けています。「失敗しても大丈夫だ」と思って飛び込めるので。

服部:あと清水さん自身、割と何かあってもケロッとしているタイプですしね。

トラブルがあっても落ち込んだりせずに次の行動に移すなど、安定して仕事に打ち込んでくれるので、そういうところも含めて「大事なお客さまも任せてみよう」と思えました。

編集部:すごく良い関係性を構築されてるんですね。何かコミュニケーションや信頼関係を築くために行っていたこととかもあるんでしょうか?

服部:そうですねー。まず岩手店に配属された清水さんの歓迎からですね。空港にはこんな感じでお迎えに行きました。

編集部:すごい作り込んでますね!

服部:はい。

それと定期的な飲みk……、いえミーティングも大事です。これはだいぶ叱咤激励しているところです。

編集部:これはだいぶ……、楽しんでますね。(笑)

清水:すごいですよね。(笑)

入社時は、岩手という知らない土地で「これから一緒に働く方々はどんな方なんだろう」っていう不安があったんです。でも、空港についた時から歓迎してもらったことで、「ここならやっていける」って一気に安心しました。

清水さんのお仕事を教えてください!

編集部:では続いて、清水さんの現在のお仕事について伺っていきたいのですが、SC岩手店では今どんなことをやっていらっしゃるんでしょうか?

清水:はい。人に関するお悩みを抱えていらっしゃる企業さまに対して、日本人、外国人問わず、人の提案を行っています。

私は入社2年目ですが、ありがたいことにかなり大手の企業さまも担当させてもらっているので、もちろん大変なこともありますけど、やりがいを持って担当できてます。

編集部:そうなんですね! 一人で案件の担当をしている上に、入社2年目で店舗でも重要なお客さまを担当しているのはすごいですね!

トラブルも成功体験も成長の糧に

編集部: 清水さんはSC岩手店で1年勤務されてますが、その中で特に印象深いことってありますか?

清水:そうですね……。僕の担当している派遣スタッフさんが企業さまのところで車の事故を起こしたことですね。規模も大きくてけが人も出てしまって……。

編集部:えーっ! けが人まで出たとなると大変ですね!

清水:はい。その時も服部さんの経験や知識に助けていただいて、何とか対応することができました。

服部:なかなか経験する機会のない珍しいことですけどね!

清水:そうですよね。

あとは何度もご挨拶に行ったことで、かなり大きな企業さまから受注をもらえたのも、自分の中では一つの成功体験として印象的です。

編集部:もう成果を出されてるんですね! それはどういった経緯でお話をいただけたんですか?

清水:とにかく定期的に企業さまにご挨拶に行くところから始めました。僕は台湾の大学に行っていたんですが、ある時その話題が担当の方の興味を引くことができて、しばらくは雑談をしに通ったんです。

編集部:なるほど。関係性をまず構築していったんですね。

清水:はい。そうして何度もお話ししていたら「あ、そう言えば今〇人くらい人材がほしいんだけど」って話してもらえて、「できます! やらせてください!」って即答しました。

服部:個人的には新卒の人でももっと自分に自信をもって、調子に乗るくらいでもいいのかなと思うんです。今回、清水さんは良い成功体験があったので、「自分はもう大企業さまから受注を取ったんだ!」くらいの強い気持ちで仕事に当たっていってほしいなと思います。

感謝の言葉とともにバトンパス!

編集部:お話を聞かせていただき、ありがとうございます。

1年間での清水さんの成果や、その支えとなった服部さんとの関係性を見ることができました。

それでは最後に、“いい仕事リレー”として次につなぐためのバトンパスを行いますので、服部さんからバトンを渡しながら、清水さんに対する感謝の一言をお願いします!

服部:はい。

新しいこともどんどんやってもらってるんですが、清水さんのチャレンジ精神や強いメンタルがあるからこそお願いできていることが多くあります。清水さんの手に負えないようなトラブルは、これからも私や先輩がフォローしていくので、いつか後輩が入ってきたとき今度は清水さんが助けてあげてください。

普段、私から遠慮なく言いたいことを言わせてもらっていますが、それでも食らいついて頑張ってくれる姿勢にいつも助けられています。

ありがとうございます!

清水:ありがとうございます!

~~拍手~~

編集部:服部さん、清水さん、今回はお話しする時間をいただきありがとうございます。

新しい環境でも前向きに堅実に努力する姿勢が、清水さんの“いい仕事”につながっているんですね。激動の1年目からどんな2年目になっていくのかとっても楽しみです!

今回の第六弾では服部さんから清水さんへと“いい仕事リレー”のバトンがパスされたので、次回は清水さんから次の方へとバトンがパスされます。

いつか自分に回ってくると期待して…… “いい仕事”に励んでいきます!

  • はてなブックマークアイコン
  • Xアイコン
  • Facebookアイコン
  • Google+アイコン
  • Pocketアイコン
  • LINEアイコン